せと末広商店街の今

2016/06/01
末広町商店街広報 藤井真由美

末広商店街は、名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅から徒歩10分。宮前バス停も近くにあります。宮前の「宮」は、深川神社さんのことで、昔からずっと見守っていただいています。
昭和20年代から40年代には、人の頭で地面がみえないほど賑わい、夜10時頃まで営業していました。店主の世代交代もスムーズでした。
それからもう一世代過ぎた現在、お客様も店主も高齢化し、シャッターの下りた店も増えています。営業時間も短くなりました。この先の見込みは、あまり良くありませんが、「末広商店街がなくなると困る」というお客様がいらっしゃるのも事実です。

近隣は、お年寄り世帯が多く「用が無くても商店街まで歩き、人と話す」ことを日課とされている方がいらっしゃいます。ご自身の健康のために、商店街を活用されているのです。
もちろん新たな顧客の獲得にも、力を入れています。
「スエヒロ夏祭り」「スエヒロハロウィン」なとは、各店が模擬店を出したり、盆踊りや仮装して、若年ファミリー層に足を運んでいただける機会を作っています。そこでは、外部団体にも協力していただき、ステージでの演奏や体験ブースを作っていただいています。

また、「せとっ子ファミリー交流館 みんなでいこう商店街!」では、お子さんが、商店街に隠されたヒントやアイテムを集めて、クイズの答えを探します。「まるっとせと観光協会 陶の街せとの雛めぐり」の期間は、アーケードに吊り雛を飾り、瀬戸物のお雛様を展示します。「来る福招き猫まつり」には、猫メイク会場を設置し、猫グッズの販売をします。陶祖まつりには、「JIMO婚 花嫁道中」をお迎えしています。

この6月3日(金)から12日(日)までは、「Art Walkホウボウ2016」として、芸術と商店街の出合いの場が始まります。

普段の店舗に、ミスマッチなアート作品をマッチング。買い物をしながらアートを楽しむ場所になるのです。
特に6月4・5日は、商店街内ニコニコ広場で、「スエヒロラボ」という体験雑貨市が開かれます。ものづくりを自分の手で。作家の技を、直に伝授していただけます。見るだけでなく、触れて作って、そして商店街での時間を楽しんでいただければうれしいです。

掲載の記事・写 真・図表などの無断転載を禁止します。

著作権は深川神社またはその情報提供者に帰属します。