瀬戸蔵ミュージアム企画展「白土由次郎・忠行の造形」展に寄せて

2015/11/07
瀬戸蔵ミュージアム学芸員 岩井 理

 当館では現在、セトノベルティメーカーである博雲陶器株式会社の創業者で、セトノベルティ発展期のキーパーソン白土由次郎(号 博雲)とその息子忠行の作品やデザイン画、その他博雲陶器株式会社の製品を紹介する企画展を開催しております。この展示は、白土尚子氏から由次郎・忠行に関わる多くの資料をご寄贈して頂いたことにより実現しました。その資料群は、当館でも知見のない作品や、デザイン画など由次郎・忠行の人物像を知るうえで大変貴重な資料といえるもので、ぜひこの機会にセトノベルティの発展に大きな影響を与えた原型の技術と造形美をご覧いただければと考えております。
 ここでは、展覧会の一部ではございますが、セトノベルティの成長期に原型技術の向上に役割を果たした白土由次郎についてご紹介いたします。

>>>続きを読むPDF


掲載の記事・写 真・図表などの無断転載を禁止します。

著作権は深川神社またはその情報提供者に帰属します。